瞑想9日目、未来のイメージが浮かぶ。

  昨日の夜にジムのサウナでも瞑想をしてみたところ、5分くらいで紫の丹光が見えてきたので、感覚的に瞑想が深まる身体を習得したのを感じました。なるほどと思ったのが、いつもなら5分もいれば熱くなってしまうのに、瞑想をしていると自分の内側に集中することができるので、10分いても全く熱い感じがしなかったのです。内側に集中するとこういうことが起きるのか、ということがわかりました。  


 夜寝る前は、たいていぼーっとするもんだと思いますが、そのときに急に未来のイメージが浮かんできて、涙が流れてきました。これは13年前に出た金井さんと出逢えたビジネスセミナーのときの誘導瞑想のときのようなことが久々に起こったのです。あのときは、大勢の前でセミナーをしている自分の姿が見えて、涙が溢れました。講師の方に「それは絶対叶うよ」と言われ、1年後には独立していたので、確かにその通りに! 未来のイメージをするときは、自分でイメージしよう、しよう、とするよりも、未来を見に行ってみよう、という感じでイメージをしていると、勝手に浮かんでくるもんだということを思い出しました。

 そのあと瞑想をしてみると、また紫色の丹光が見えました。これで、潜在意識にポンと入ったと思います。


 今朝も朝の瞑想をしました。するとまた丹光が見えました。意識的に、呼吸と集中を整えることができるようになったのだと思います。

 スピリチュアルカウンセラーの久保さんに、瞑想して丹光が見えたことを知らせると、「相手のオーラくらいなら、すぐに見えるようになるかもしれません」と返事がきました。

 瞑想で深く入ることは難しいのかと思っていましたが、集中力と深い呼吸ができれば人間の脳のシステム的にできるんだと思います。多分、集中力があり、ゾーンに入っている方などは、すでに光っているのではなかと思えてきました。ただ、そのことを話していないだけで。

 ということで、これで瞑想レポートを終わります。(笑)



0コメント

  • 1000 / 1000