【マネージメントの舞台裏⑲-かわいがられるちから。】

今日は、いつもとっているメルマガ、平成進化論の内容をよんで、

「あは!」と気づいたのでご紹介いたします。

以下抜粋

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今日のピークパフォーマンス方程式。>

 【 「かわいがられる力」で、同年代の誰よりも早く成長する 】

───────────────────────────────────



■ビジネスをしていくうえで、「他者とのかかわり合い」は
 どうしても切って捨てることができません。

 というより、最も重要にして不可欠なもの、と断言しても
 よいようにおもいます。



■いろんな他者とのかかわり合い方があります。

 「信頼される」ことが、まず第一歩。

 それが積もり積もってくると「尊敬される」に変わり、
 さらに「敬愛される」に変化してきます。

 あなたの周りにも、そんな上司や取引相手が少なからず
 存在するのではないでしょうか。

 さらに威厳を身に付けることで「偉大だ」と思われたり
 する人もありますね。



■こういう階段を上っていくのは素晴らしいことであるのは
 いうまでもありませんが、合わせて、

 とくに徒手空拳(としゅくうけん)で何かをなそうと
 おもったら、


 【 かわいがられる力 】


 が必須のようにおもいます。



■とくに駆け出しのころは、この「かわいがられる力」が非常に
 強力に作用することを申し上げたいのです。

 たとえば、上司に叱られるのも、「かわいがられる力」が
 あればこそ。



■師匠や上司、先輩が怒ってくれるのは、どういうときでしょう。

 どうでもいい相手なら、言葉をかけるのもおっくうになるものです。

 そこをわざわざ、時間的、精神的な労力をさいて、
 あるいは嫌われることを覚悟しても叱ってくださるということは、
 よほど愛情をかけられている。

 そして、こちらの成長を期待してくださっていると思って
 まちがいありません。



■怒られたとき、必要以上に落ち込むのもよくないですし、
 恐縮してシュンとへこみすぎても、

 「これじゃ、もう叱ってやれないな…」

 と思わせてしまいます。

 もちろん、注意されて、逆ギレしたり、可愛げのない態度を
 とるのはもっといただけませんが。



■あるいは、ほめられたとき、素直に喜びを外に出さないのも
 とっても損なこと。

 相手の立場にたってみれば、

 「なんだ、うれしくないのか。張り合いがないな…」

 と感じられてもしかたがないでしょう。



■こんなときに「ほめられ上手」な人は、大げさでもなく、
 媚びるでもなく、無邪気といってもいいような喜びを表現します。

 これは、傍(かたわら)から見ていると、その違いがよく
 わかります。

 分かってもなかなか実行できないのが悲しいものですが。



■わたしの周りに「彼は将来、すごい成長するだろうなぁ」という
 人が幾人かいます。

 その人たちに共通することは、

 【数多くの年長者にかわいがられている】

 ところ。



■はるかに人生経験をつんだ先輩からさまざまなことを教えられる
 から、結果として同年代の誰よりも早く成長します。

 それが「かわいげのある人」、言葉を換えると
 「かわいがられる力」のある人の強みへとつながっていくのです。


ここまで引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というのを読んで、私は気づきました。

沢山の部下をトレーニングするときに、私は何を思ったのか?

「おもわず教えたくなってしまう子と、そうでない子の違いは何なのか?」

それを常に観察していた。

そして、上司にいかに教えてもらうか?を考えたところ!

私のやり方です。

①メモを取る

②教えて貰ったことを必ず実行する。

③成果を出して報告する。

④感謝する。

こんな感じでしょうか?

成果を出すと、どんどん教えたくなっちゃうんです。

そして、高度なことも教えても大丈夫だな!この子は!と思わせる。

間違えなく、成長ができるでしょう!!!

◆この記事は、お役に立ちましたか?→ハイ

セミナーのお知らせです。


■部下にやる気をどうやって持たせようか?と悩んでいる方。

■やりたいことはあるのに、なかなか行動にうつせていなくて、
今すぐ行動したい方。


が、このセミナーに適しています。

詳しくはこちらのご案内もどうぞ。

追伸:あなたの人生が動き始める一日となることでしょう。

■↓バナーにコーチング質問が隠れています。毎回クリックして頂くと・・・
いいことがいっぱい起こります

ONE DAY ONE UNIT 匠へ!

0コメント

  • 1000 / 1000