【マネージメントの舞台裏⑰-行動力】

2004年から2005年にかけて、毎日の様に本を読み、色々なセミナーへ行き、
色々な人に出会ってきた。

その過程で、部下のスタッフたちは、私がどんどん進化していることに、
何かを感じ始めていたに違いない。

「堀口さん、宗教とかだいじょうぶですか?」と冗談で言われているくらい、
色々な考え方を吸収していった、そしてそれをブログでアウトプット。

まさに、これ↓

心が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人格が変わる

人格が変われば、運命が変わる

(ウイリアム・ジェームス)


自分自身が変わることに全く抵抗を感じず、どんどん理想の自分に近づく感覚。

部下もその流れを感じて、動きも速くなるし、リーダーに対しての見方も変わる。

2年くらい、スタッフが辞めずに、ずっと一緒に仕事ができたのも、

リーダーが変化を繰り返していたから、職場が飽きなかったというのも

あるのかもしれない。私は常に新しい情報をスタッフに提供し続けた。

自分にとってもアウトプットの機会があり、スタッフにとっても、

普段の友達からは、聞くことのできない情報を得られるというメリットもあり、

Win Win の関係だったと思う。

◆この記事は、お役に立ちましたか?→ハイ

■↓バナーにコーチング質問が隠れています。毎回クリックして頂くと・・・
いいことがいっぱい起こります

ONE DAY ONE UNIT 匠へ!

0コメント

  • 1000 / 1000